バイアグラの副作用と併用禁忌薬とは

バイアグラを服用する上で気を付けたいものが副作用です。

病院で処方してもらう場合は副作用に関する十分な説明を受けるものですが、通販購入する場合は自分で副作用について調べなければいけません。

また、バイアグラと併用することができない薬についても知るべきでしょう。併用禁忌薬は副作用を増大させる可能性が高いため、購入・服用する前に確認しておくと安心です。

バイアグラの主な副作用とは

頭痛がある男性
ED治療薬はどれも血管を拡げて血流量を増やす効果を持っています。勃起するためにはその働きが必要なので、ED治療には欠かせない薬だと言えます。

しかし副作用が生じるケースは決して少なくありません。バイアグラの服用によって血流量が増えると、陰茎だけではなく全身の血管が拡がり、特定の症状が現れます。

バイアグラの副作用として一般的なものは、頭痛・火照り・鼻づまり・動悸などです。

特に頭痛を感じる男性は多いようです。血管が拡がるとその付近にある神経を圧迫してしまい、痛みが生じます。

火照りや鼻づまりも同様の作用によって引き起こされるもの。しかしどの症状もバイアグラの効きが落ち着いていくにつれて治まっていきます。

頭痛薬は併用OK!

バイアグラの副作用の中でも発現率が高い頭痛ですが、実は頭痛薬を飲んで緩和させることが可能です。常用薬として普段飲んでいるような痛み止めで問題ありません。

ただしロキソニンのように強めの痛み止めを飲む場合、胃が荒れてしまう可能性があります。
バイアグラは食前(空腹時)に服用すべき薬です。胃が空っぽの状態で強い痛み止めと併用するとなると、服用のタイミングに困ってしまうものですよね。

もしもロキソニンとバイアグラを併用するなら、胃薬も一緒に飲むことをおすすめします。痛み止めも胃薬も併用可能なものなので、飲み方を工夫して頭痛を抑えましょう。

併用禁忌薬をまとめてチェック

錠剤で描かれたリスクの文字
病気や怪我の治療などで服用している薬があるという男性は、バイアグラの併用禁忌薬について知っておくべきです。
併用禁忌薬は以下の通り。

・ニトログリセリン
・亜硝酸アミル
・硝酸イソソルビド
・塩酸アミオダロン etc…

他にも併用が懸念されている薬はありますが、特に硝酸剤は血管障害の治療などに用いられるポピュラーな存在なので、特に注意が必要です。

上記のような薬には血圧を下げる効果があります。それはバイアグラも同様です。つまり相乗効果によって急激に血圧が下がり、重篤な副作用が生じる可能性が高くなります。

過去には死亡例もあるため、バイアグラを購入する前に現在服用している薬の名称を調べ、併用禁忌薬に該当していないかを確実に把握しておきましょう。

持病がある男性は注意しよう

何らかの持病がある場合、バイアグラを服用できない可能性があります。また、過去6ヶ月以内に発症した疾患があるという場合も要注意です。

バイアグラの服用を避けた方がいいのは血管障害を患っている男性です。

血管障害は高血圧・肥満・糖尿病など、様々な要因によって引き起こされます。脆くなった血管がバイアグラの作用によって拡がると、耐えきれずに破れてしまう可能性があるのです。

また、低血圧や腎臓病、目の疾患がある男性もバイアグラの使用には注意しなければいけません。かかりつけの医師に相談し、そこで許可を得た上で服用するようにしましょう。

副作用を抑えるためのルール

副作用を抑える方法
頭痛や火照りなどの副作用が特徴的なバイアグラ。体質は人によって違うものなので、中にはあまり副作用を感じないという男性も居るかもしれません。
しかしほとんどの男性には副作用が現れるものなので、EDの改善効果が得られる反面、副作用ともうまく付き合っていくことが必要です。

副作用を最小限に留める方法として最も効果的なのは、用法・用量を確実に守ること。正しく飲めば効果が半減することなく、なおかつ副作用も抑えられます。
自己判断で飲む量を増やす行為などは絶対に避けましょう。

しかし錠剤を半分に割るなどして量を調整することは可能です。むしろ初めてバイアグラを飲む場合は、体を慣らすためにも少量から服用する方が安全だと言えます。

バイアグラの服用方法についてはコチラのページで詳しく解説しているので、ぜひご確認ください。